建設業許可申請東京都サポートセンター

東京の建設業許可申請・更新・社保手続きはオーリンクへ!

産業廃棄物に関する許可


前頁までの基準で、間違いなく「産業廃棄物」に当たる物を
収集運搬するには、「産業廃棄物運搬収集業」許可が必要です。

また「産業廃棄物」を処分するには、
「産業廃棄物処分業」の許可が必要になります。

一方、「一般廃棄物」の収集運搬にも当然許可が必要です。
ですが、こちらには総量規制(許可業者の上限数が決まっている)があり、
現実には「一般廃棄物収集運搬許可」の新規取得は、
非常に難しいというのが現状です。

いわゆる不用品回収において、
収集される不用品の多くは「一般廃棄物」であり、
産業廃棄物関連の許可や「古物商」免許では収集運搬はできません。
不用品回収業を行おうとする方は、注意されてください。

産業廃棄物収集運搬業

産業廃棄物収集運搬業には、対象物の性質によってさらに、
「特別管理産業廃棄物収集運搬業」許可と
「産業廃棄物収集運搬業」許可に分類されます。

「特別管理産業廃棄物」とは、
「産業廃棄物」の中でも、揮発性・毒性・感染性のある廃棄物を言います。

また、「産業廃棄物」を運搬する経路・手順によってもさらに、
「積替え、保管を含む」と
「積替え、保管を含まない」に分類されます。

「産業廃棄物」を排出場所から、直接処分場に運ぶのであれば、
「(特別管理)産業廃棄物収集運搬業・積替え、保管を含まない」許可でOKです。

ですが、「産業廃棄物」を一度自社の倉庫で降ろして分類したり、
一定量になるまで貯めておいてから処分場に運ぶような場合、
「(特別管理)産業廃棄物収集運搬業・積替え、保管を含む」許可が
必要になります。

但し、「積替え、保管を含む」許可になると、
下記で説明する「産業廃棄物処分業」の中間処理業の許可と
同程度の手間と時間がかかる大変な手続きとなります。

産業廃棄物処分業

「産業廃棄物」の処分を行うためには、
処理工程に応じた処分業の許可が必要です。

産業廃棄物の処理工程は、
「中間処理」と「最終処分」に分類されます。

「中間処理」とは、
廃棄物の性情や形状に変更を加えることを言い、
「最終処分」とは、
廃棄物を、環境を損なわないように自然界へ戻すことを言います。

但し、同じ工程でも、
処分場がある自治体の判断によって、「中間処理」とされたり、
「最終処分」とされたりすることがありますので注意が必要です。

お問合せ

お問合せはこちら

お名前 必須

メールアドレス 必須

電話番号 必須

お住まい・事業開始予定地 必須

題名
メッセージ本文